2007年04月12日

書籍紹介

いつも税理士からもらう難しいデータを見て、
「いったい、どこを見ればいいんだ…」とうんざりしていました。
そこで、店頭で見かけたこの本を紹介します。

4894512580.01._SCLZZZZZZZ_V23988362_AA240_.jpg

「社長が見ればいい数字は3つだけ」という文字にひかれ、
思わず手に取り、そして一気に読んでしまいました。
本来帳簿は、「次の一手を打つためもの」なのだと、
改めて実感しました。
題目どおり、数字嫌いの社長(私)とその社長を取り巻く人々に是非お勧めの本です。

数字嫌いの社長でもわかる儲けの帳簿

工業翻訳会社トランスプロ
posted by トランスプロ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3719157
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック